shalog

ゲームやガジェット、お絵描きなど、様々なことを広く浅く取り上げるブログ(隔日更新中)

MENU

CHUWI Ubok pro を買うまで 液タブの代わりになるか?

 前回の記事⇩

shihax.hatenablog.com

 

 

 すでにお伝えしている通り、CHUWIのUbookProを買いました。

 

shihax.hatenablog.com

 

 前回、散々Windowsタブレットをディスっていたのに何で買ってしまったのか。その理由を伝えていきたい。

 

 

デジタル絵描きに使われる機材

 デジタルで絵を描くときに使われている機材は、3種類に分けることができる。

1.板タブ

メリット

  • 初期投資が安い
  • 姿勢が悪くなりづらい

デメリット

  • 手元を見ないで描くので慣れるまで大変
  • PCにつなぐ必要がある

 

 板タブは何といっても初期投資が安いのが利点。お絵描きソフトをまともに動かせるだけのPCがあるなら5000円から有名メーカーの製品でも2万円で環境を整えることができる。しかも画面をのぞき込んで描かないため、姿勢が悪くなりにくい(あくまで相対的に)体にも優しいという利点がある。

 ただ、手元でペンを動かしながら、目はPCの画面を見てイラストを描かなければならないため、少しアナログで絵を描いている僕は慣れるまで時間がかかると考えた。

 というわけで板タブは無し!

 

2.液タブ

メリット

  • アナログに近い感覚で描ける
  • タブレットより大画面なモデルが多い

 

デメリット

  • 値段が高い
  • PCにつなぐ必要がある

 

 液タブは個人的にこの中で一番魅力を感じなかった。PCに繋がないと使えないし、イラスト以外の用途にはあまり使い道がない。しかも高い(安いヤツで4万ぐらい)から使い道のわりに高すぎる。プロのイラストレーターの方々が使うならいいのかもしれないけど、僕のライフスタイルには一番合っていない。

 

3.ペン付きタブレット

 

メリット

  • 単体で完結している
  • いつでも思い立った時に絵を描ける

 

デメリット

  • お絵描きマシンとしては若干見劣り
  • 拡張性が低い

 

  なまけ癖がある人間だから、思いついたときにいつでも絵を描くことができるタブレットは本当に魅力的。今までお絵かきに使っていた、Mediapadm5Liteもお絵描きマシンとしての実力はともかく、この気軽さは魅力的。あの機動力がなければお絵描きを続けることは難しかったと思う。

 

PC用のお絵かきソフトがそのまま動くタブレット

  UbookProを買ったのはこれが一番大きい。ipadAndroidは確かに気軽だし、タブレットとしての完成度もWindowsタブレットよりはるかに高い。けれどWindowsタブレットはPC用ソフトがそのまま動くという他機種にはない良さもある。

  ほとんどのPCソフトはマウスとキーボードでの操作が前提で、指での操作はストレスになるけど、お絵描きに使えるスタイラスペンを使えばこの問題をある程度解消できるはずだと考えた。

 

f:id:shihax:20200502140147j:plain

 UbookProの純正スタイラスペン「HiPen H6」 

 

 しかもUbookProは、カバーとしても使えるキーボードがある。

 これを使えばちゃんとパソコンとして使うこともできる。

f:id:shihax:20200502135943j:plain

 

 タブレットとしてダメでも、最悪それなりのスペックを持ったPCとして使えればよいのでは?

  こう考えて、この製品の購入を決意したというわけ。

 

最後に

 というのが、UbookProを購入した理由。

  次回で実際に使った感想を書いて、このシリーズは終わりの予定です。

 

商品ページ

 

 

過去記事

 過去のガジェット関係の記事です。

 興味があればぜひ。

 

shihax.hatenablog.com

shihax.hatenablog.com